第2回日本血管外科学会Stent Graft Workshop

日本血管外科学会では、Stent-Graftの正確な知識と技術の普及のため、昨年に続き第2回Stent Graft Workshopを開催致します。下記の留意事項をご確認の上、ふるってご参加いただきますよう、お願い申し上げます。会場の都合により参加人数が限られますので、受講者は抽選で決定させていただきます。あらかじめご了承ください。

【日 時】:2018年5月11日(金)PM13:30〜17:30(第46回日本血管外科学会総会)
【場 所】:山形テルサ
【募集人数】:30名(抽選)
【参加費】:5,000円
【申込期間】:2017年12月1日(金)~2018年1月5日(金)2017年12月1日(金)~2018年1月5日(金) 申込受付は終了いたしました
【対象】:ステントグラフトの技術習得を希望する若手心臓血管外科医
(研修医も可とする。ただし日本血管外科学会会員であること)

《内容》

現在、国内で使用されている胸部大動脈瘤に対して使用できるTEVAR全デバイス5機種の、講習会ならびにガラス管を用いたシミュレーションを行う。

解説
(75 分)
汎用されている胸部ステントグラフトの全5機種の企業からの解説
1デバイス15分×5デバイス
指導医の講演
(40分)
・アプローチの方法、注意点、合併症の回避など
・適応、症例提示など
 
20分×2人
実技
(120分)
各企業が作成したビデオで講習を受けた後、ガラス管を用いた、シミュレーション
CCDカメラ5台併用、パソコンに連結、できれば、シミュレーターを1台準備して行う予定
各企業から2本ずつのデバイスとガラス管を提供いただき、1デバイスに3人の参加者
 
CCDカメラで録画を行い参加者全員で検証し、指導医の司会で討論を行う。
(指導医5名参加予定)

主催:日本血管外科学会
共催:川澄科学工業、Cook社、Gore社、Japan Lifeline社、Medtronic Japan社
実務担当:日本血管外科学会学術委員会

※申込みにあたっての留意事項※

  1. 同じ先生の繰り返し参加を認めません。また、抽選に際して、一人の個人が複数申し込むことのないようお願いいたします(その場合は申込みを無効といたします)。
  2. 同一施設から1名のみの参加申し込みを申し受けます。
  3. 本Workshopへの参加に対し、心臓血管外科専門医のPGCクレジットまたはOff the Job Training(2時間)を取得することができます。
  4. 上記3の観点から、1時間以上の遅刻や早退の場合には参加証を発行できない場合がございます(交通障害や特別な気候の場合はこの限りでない)。
  5. 来年度は腹部EVARの全機種のワークショップを行う予定です。

申込ボタン 申込受付は終了いたしました。

日本血管外科学会事務局

〒163-0704東京都新宿区西新宿2-7-1小田急第一生命ビル4F
公益財団法人 日本心臓財団内
TEL:03-5989-0991 FAX:03-5324-0822
E-mail:jsvs@jhf.or.jp