FAQ

Q1.手術記録50例として認められる血管内治療について

A1.主な血管内治療は下記のものとなります。 そのほかの血管内治療に関しては事務局へメールでお問い合わせください。委員会にて判断いたします。

  • 末梢動脈疾患に対するバルーンやステントによる血管内治療
  • 内腸骨動脈のコイル塞栓術
  • 内臓動脈瘤のコイル塞栓術
  • IVCフィルター留置術
  • 腎動脈狭窄症に対する腎動脈ステント
  • 急性下肢動脈閉塞に対する血栓吸引療法

※「透析シャント後の狭窄に対するPTA(バルーン拡張)」「血管内レーザー焼灼術」「静脈瘤レーザー治療」は、症例数にカウントしません。
※肝細胞癌の治療は、含まれません
※オープンステントは含まれません。
※外科的Fogartyバルーンによる血栓除去は含まれません。
※大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術は含まれないことになりました。
※ステントグラフト内挿術と同時に行った付随的血管内手技に関しては、手術記録にしっかりと記載されていることを条件に、各ステントグラフト内挿術に対して1手技のみ認めます。
例、内腸骨動脈塞栓、腎動脈ステント留置、アクセス動脈バルーン拡張など
※提出する手術記録において、30例は「末梢動脈閉塞性疾患」に対する血管内治療に限ります。